HACHIDORI NO HANE(ハチドリのはね)HPトップ

豊岡 厚惠

ホーム  > 豊岡 厚惠  > 記事一覧

記事一覧

第40回 社員スタッフの「本来の仕事の役割」とは

2022/08/03

第40回 社員スタッフの「本来の仕事の役割」とは

社員スタッフの『本来の仕事の役割』って何でしょうか。 例えば、 ホテルや飲食店のホールスタッフさんの仕事を思い浮かべてください。  まずは、ご来店のお客様をお迎えし、お席...

第39回 「認める」とは話を聴けること

2022/07/20

第39回 「認める」とは話を聴けること

「人の話の聴き方」が「人を認める」ことに繋がります。研修の際にも、よく社員さんに言うのですが、相手との良好な人間関係を構築したいというときに、社内間だけでなく、夫婦関係、親子関...

第38回 「働く意味」何のために。

2022/07/06

第38回 「働く意味」何のために。

社員の皆さんに、「何のために働いているの?」 と、働く意味をお聞きになったことはありますか?^^ 『働く』とは、はた(周囲)を、らく(楽)にすることです。らく(楽)とは、「喜んでもらう...

第37回 部下育ては自分育て

2022/06/22

第37回 部下育ては自分育て

リーダーに対して、部下、スタッフの好ましくない態度、言葉や行いがあるとその「物の言い方」や「態度」に反応してしまい、なかなかその時に相手の立場に立てないものです。 ここで、...

第36回 リーダーの考え方

2022/06/01

第36回 リーダーの考え方

言っても、受け取り方が様々で、どうもわかってもらえていない感じだ。言ったことしかしないし、自ら動こうとしない。注意すると すぐ ふくれて扱いにくい。など、スタッフへの指導やかか...

第35回 「ほめる」ことの落とし穴

2022/05/18

第35回 「ほめる」ことの落とし穴

ご存知のように、軍人、山本五十六氏の有名な言葉にも「やって見せ 言って聞かせ やらせてみて ほめてやらねば人は動かじ」という名言があるように、上司が指示を出したことに対して、きち...

第34回 リーダーに求められるスタッフへの「教え方」

2022/05/04

第34回 リーダーに求められるスタッフへの「教え方」

1.まずはお手本となる動きややり方をリーダー自身がスタッフに見せてあげます。2.何故そうするのか、こうするとどうなるか、などを説明し理解させてあげます。3.社員スタッフに「やってみて...

第33回 リーダーと今どきの社員とのギャップ

2022/04/20

第33回 リーダーと今どきの社員とのギャップ

新年度は新入社員を迎えたりと何かと忙しいですね。そこで今回は<リーダーと今どきの社員とのギャップ>についてお話ししたいと思います。「えっ、そんなことも知らないの!?」「それって...

第32回 「ねぎらい」の威力

2022/04/06

第32回 「ねぎらい」の威力

前回は「ねぎらう」ということ。「ねぎらいの力」が社員スタッフのモチベーションを上げ自主的に行動をさせてしまうという話をいたしました。ねぎらうことによって、「相手との関係性が良く...

第31回 ねぎらいが自主的に行動を起こさせる

2022/03/23

第31回 ねぎらいが自主的に行動を起こさせる

前回はねぎらいの言葉を社員に向けて発することが、社員スタッフの心の栄養となり、次の原動力になるというお話をいたしました。「ねぎらう」というのは心の栄養、次の原動力、となるだけで...

第30回  先ずは ねぎらいから

2022/03/02

第30回  先ずは ねぎらいから

前回は経営者自ら、または管理職である上司に皆さんが、普段の言葉を変えたり、また愛ある言葉を社員さんに発することで、社員スタッフに変化が現れ、モチベーションが上がり、売上げが上が...

第29回  言葉を変え、愛ある言葉を発する

2022/02/16

第29回  言葉を変え、愛ある言葉を発する

前回はいかに思いを「言葉にして伝える」ことが大切かをお話いたしました。皆さんもご存知だと思いますが言葉は言霊といって、エネルギーを持ちますね。人から投げられた たった一言の言葉に...

第28回 言葉にして伝えることの大切さ

2022/02/02

第28回 言葉にして伝えることの大切さ

前回は、社員スタッフが、自発的に行動するようになるのは、いかに日頃からの関係性が重要かということをお伝えしてきました。そして誉認励(よにんれい)で、しっかり存在を承認し、日頃の労...

第27回 社員スタッフが自発的に行動するのは【関係の質】を高めること

2022/01/19

第27回 社員スタッフが自発的に行動するのは【関係の質】を高めること

前回は《思うように動いてくれないスタッフに動いてもらう方法》としてまずは「関係性」が大切ですよ、というお話をしました。部下、スタッフとの『関係の質を高める』そして『誉認励の法則...

第26回 思うように動いてくれないスタッフに動いてもらう方法

2022/01/05

第26回 思うように動いてくれないスタッフに動いてもらう方法

まず、リーダー(指導者)ご自身のチェックです!☑いつもその都度、「こうして、ああして」とその場かぎりの注意や指示を出していませんか?☑クレームがあった際、「お客様からクレームがあ...

第25回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その6(まとめ)

2021/12/22

第25回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その6(まとめ)

自分が信じたことを、人がどうあれ、揶揄されようが、黙々と一人でやり続けたその行動が、周囲に良き影響を与える結果となりました。『一流人』とはこのような人のことを言うのだと思います...

第24回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その5

2021/12/08

第24回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その5

社外のお客様から、荷積みのトラックのドライバーさんから、称賛の声をいただき、職場でも認められるようになった彼らは、もう、会社だけではなく、それぞれプライベートや各家庭にまでその...

第23回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その4

2021/12/01

第23回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その4

前回は、人は「受容」され、「実践したこと」を誉認励で認められることで、もっと聞いてもらいたい、もっと話したい、という風に変わっていかれたという話をしました。「実践」したことを拾...

第22回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その3

2021/11/24

第22回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その3

人は「自分を理解してくれる」ということが伝わると、閉ざした心の扉が開かれる。そんな人たちを研修で本当にたくさん見てきました。まるでイソップ童話の「北風と太陽」です。温かい太陽を...

第21回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その2

2021/11/17

第21回 「誉認励」で劇的に変わっていかれた社員さんの事例 その2

初回研修で嫌々感を精一杯アピールしていた現業部の社員さん達が、2回目の研修時には劇的な変化が見られたお話をしました。何をしたのかというと、「相手を理解し、相手の立場を理解した」「...